シンガポール

シンガポール旅行の持ち物完全版|シンガポール持ち物【2018】

シンガポールの持ち物リスト貴重品編

パスポート

シンガポール旅行にパスポートは必ず必要です。
パスポートを忘れると出入国できませんので必ず持っていきましょう。
シンガポール旅行中はパスポートの盗難には気をつけましょう。

クレジットカード

シンガポールを含め海外旅行ではクレジットカードで決済をするのが一般的です。

シンガポールのために通貨を銀行等で両替すると手数料が3~10%取られて損をしてしまいます。

クレジットカード決済の手数料は1.63%なので旅行に慣れている方はクレジットカードでの支払いが基本になっています。

クレジットカードをまだ作っていない方は海外旅行保険が自動でついてくるクレジットカードをおすすめします。

海外旅行用のクレジットカードとして有名なのがマルイが発行するエポスカードです。

通常数千円お金がかかる海外旅行保険が無料で付いてきます。

年会費も無料であるため、多くの雑誌、旅行サイトで紹介されています。

スマホ

シンガポール旅行にスマホは必須の持ち物です。

スマホはシンガポールでは基本的に日本の携帯会社の通信は使わず、wifi接続で通信するようにしましょう。

海外のWiFiはセキュリティ上よくなかったり、説明文が日本語でないため接続に苦労する・よく途切れる等使い勝手がよくないので日本の会社(グローバルWiFi等)でポケットWiFiをレンタルしていくのが一般的です。

日本円・現地通貨

シンガポールでの買い物はクレジットカード中心で支払いましょう。

クレジットカードでの支払いを基本としつつも現金しか使えない場合もありますので両替用に現金も必ず持っていきましょう。

海外旅行にいるもので打線組んだwwwwwwwww
最低限は
スマホ
クレカ
パスポート
現金
やろな
あとはどうにかなる

ポケットWiFi

シンガポールでスマホやPCを利用する場合はポケットWiFiを日本でレンタルしていくことが一般的です。
料金も複数人使えて1000円/日くらいなのでとても安価です。

グローバルWiFiなど大手が安くてかつサポートがしっかりしている、様々な空港で受取ができるのでおすすめです。

海外旅行保険

シンガポールでは日本の保険が使えないので怪我や病気になったときに高額の医療費を請求される可能性があります。

通常海外旅行保険に加入すると数千円費用がかかりますが、クレジットカードによっては海外旅行保険がついているものがあります。

マルイが発行しているエポスカードは年会費無料でしっかりした海外旅行保険がついているのでコスパがかなり高いです。

またエポスカードの海外旅行保険ではものを盗まれた場合もその金額を20万までであれば補償してくれるなど補償が手厚いです。

変換プラグ

シンガポールのコンセントの形状が日本と異なる場合は変換プラグが必要です。

 

変圧器

シンガポールの電圧が日本と異なる場合は変圧器が必要です。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ利用者は必須の持ち物です。

洗浄液は機内持ち込みできない持ち物ですので注意しましょう。

シンガポールの持ち物リスト衣類品編

トップス・ボトムス

トップス・ボトムスの量が多くて入らない場合は圧縮袋を使うと衣類の体積を劇的に減らすことができます。

下着

日数分あることが望ましいですが、シンガポールに長期滞在する場合は洗濯することも検討しましょう。

洗剤を日本から持っていく場合は液体だと溢れる可能性があるのでチューブ式をおすすめします。

パジャマ

ホテルのグレードにもよりますが、ホテルに置いてあることもあるので事前にHPを確認しましょう。

水着

シンガポールで泳ぐ機会がある人は持っていきましょう。

シンガポールの持ち物リスト便利グッズ編

カメラ

シンガポール旅行の思い出を残すためにカメラは必需品です。

スマホのカメラで自撮りする場合は自撮り棒があるとシンガポールの人に頼まなくても気軽に写真を撮ることができます。

携帯ウォシュレット

シンガポールでもどうしてもウォシュレットを使いたい人は持っていきましょう。

首枕

シンガポールまでのフライト時間が長い場合は首枕があるのとないのでは疲れ方が全然違います。

腰枕

首枕と合わせて腰枕もあればより快適に機内を過ごせます。

アイマスク

シンガポールまでのフライトが夜間で、睡眠を取りたい場合は重宝します。

耳栓

フライト中はアナウンスが随時入ったりするので機内で寝たい場合は耳栓も持っていきましょう。

常備薬

普段何か薬を飲んでいる場合は忘れず持っていきましょう。

ビタミン剤があれば口内炎に苦しまなくて済みます。

ガイドブック

シンガポール旅行の計画を立てるために必要です。

紙のものは重いので電子書籍版を買うことをおすすめします。

他にも電子書籍を事前に買っておけば機内で暇にならなくて済みます。

シンガポールの持ち物リストバックパッカー編

バックパック

バックパッカー必須の持ち物です。

洗面用品

シンガポールでゲストハウスに泊まる場合はカミソリや歯ブラシは基本無いと思って準備しましょう。

 

バス用品

ゲストハウスでは無料でタオルが使えることは少ないです。

シャンプー・リンスも無い場合が多々あります。

洗濯用品

バックパックに日数分衣類を入れることは現実的でない場合もあるのでその場合は洗濯するようにしましょう。

チューブ式の洗剤がコンパクトですし溢れる心配もないのでおすすめです。

南京錠

ゲストハウスのロッカーの鍵は各自のものを使う制度のこともあるので南京錠は必ず持っていきましょう。

シンガポールの持ち物リスト女性編

使い捨て便座シート

シンガポールのトイレは日本のトイレとくら別と汚いことが多々あるので女性の方はつかすて便座シートを持っていきましょう。
値段も安価です。

ヘアアイロン

ヘアアイロンは基本海外の電圧には対応していませんので変圧器が必要な場合が多いです。

化粧品

化粧品で液体のものは機内持ち込み時に液体物として引っかかる可能性があるので注意しましょう。

日焼け止め

シンガポール旅行中は外を出歩くことが多いと思いますので忘れないようにしましょう。

化粧水・乳液

女性の方必須の持ち物ですが、液体物なので機内持ち込みできません。


●シンガポールの気候
ほぼ赤道下に位置するシンガポールは、1年を通して同じような気温です。
平均気温は約27℃で、高温多湿な気候が特徴です。
また、11月~2月が雨季、3月~10月が乾季と2つのシーズンに分けられます。
雨季には25℃前後まで気温が下がることもありますが、基本的にはムシムシした暑さが続きます。
乾季には、日中は30℃を超える日が続くこともありますが、湿度は雨季に比べると下がります。
日差しが強く、厳しい暑さが続き、朝もあまり気温が下がらないのが特徴です。
ただし、乾季と言ってもスコールが降ることもあるため、突然のスコールには注意が必要です。

●シンガポールの服装
一年を通して蒸し暑いので、基本的にはTシャツ短パンで十分です。
ホテルやレストラン、乗り物などでの冷房対策として薄手の羽織りものを1枚持参しておくのがベターです。
雨季の時期に旅行する場合は、スコールに備えて傘やレインコートなどの雨具を持参するのがおすすめです。
また乾季には、日差しが強いので、帽子や日焼け止めクリームで日焼け止め対策をしましょう。
またシンガポールにはドレスコードやスマートカジュアルの服装を要求される場所が多くあります。
そのため女性ならワンピース、男性は襟付きのシャツなどを1枚持参しておくと便利です。

●シンガポールの治安
シンガポールは世界から見ても治安はいい国とされています。
ただし、多国籍な国であるがゆえに、近年はテロの危険性が懸念されています。
シンガポールへ旅行に行く際は、こまめに情報を収集する必要があるでしょう。
また、観光客をターゲットとしたスリやタクシーのぼったくりなども起こりうるケースであるため注意が必要です。
チャックが付いている鞄に貴重品を入れ、体の前で持ったり、タクシーに乗った際はメーターが動いているかどうかの確認をするなどして対策をしましょう。

●シンガポールの物価
日本と比べるとやや割高に感じることが多いです。
街の中心部のホテルよりは、駅から少し離れた場所にあるブティックホテルなどのほうが割安で宿泊することができます。
食費に関しては、レストランでの食事だとかなり割高です。
アルコール類が日本に比べて高価格で提供されており、食事も1000円は超えてしまうことがある上に、高いタックスがかかるので、割高感は拭えません。
食費を少しでも抑えたいのであれば、スーパーを利用したりフードコートでファストフードを利用するなどの工夫をするといいです。
また、観光費も高くつきます。
テーマパークの入場料をはじめとした、主要観光スポットでは平均約2000円ほどが必要になります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アメリカ

    アメリカ旅行の持ち物完全版|アメリカ持ち物【2018】
  2. シンガポール

    シンガポール旅行の持ち物完全版|シンガポール持ち物【2018】
  3. モルディブ

    モルディブ旅行の持ち物完全版|モルディブ持ち物【2018】
  4. サイパン

    サイパン旅行の持ち物完全版|サイパン持ち物【2018】
  5. フィンランド

    フィンランド旅行の持ち物完全版|フィンランド持ち物【2018】
PAGE TOP